木工房「創舎」の歳時記 
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 材料の仕入れ | main | いつでも、どこでにでも「学び」がある。 >>
待望の一本



鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言

やっと鑑賞。
今年の2月から全国各地で上映がはじまっていたが、残念なことに高知では上映予定なし。

「観るのはずっと先になるな」と思っていたら、先日新聞で上映を知った。一日限りの上映だったので、何をおいても...
ということで鑑賞してきた。

「おまえ本当にそれでいいのか?」と問いかけられている...ような。 反省。

JUGEMテーマ:木工
 
COMMENT









Trackback URL
http://diary.sou-ja.com/trackback/91
TRACKBACK