木工房「創舎」の歳時記 
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 調子にのって... | main | スカッと晴れないものでしょうか。 >>
木から生まれる美とぬくもり
高知市の8月はずっと雨、雨、雨。
最終日8月31日だけ雨が降らず、高知県の観測史上初めてのことらしい。

工房もずっとジメジメと。
カビが生えそう、刃物に錆びが出そう....などと思いながら過ごした8月でした。

そんな湿度が高い状態だったので、「漆を塗るにはいい環境」とばかりに漆を塗っておりました。
漆は皮膚につくとかぶれると言われます。かぶれると大変なようですが、私は結構大丈夫なタイプのようです。
直接皮膚についても少々のことではかぶれません。
しかし油断(慢心)は禁物です。慎重に。

なんと脈絡のない文章だこと。

では、
展示会の告知です。

木工クラフト展 〜木から生まれる美ぬくもり〜
2014年9月19日(金)から9月30日(火)まで
9:00〜17:00
(木曜は休み)

会場 ハートアートギャラリー「ほのまる」
   高知県香美市野市町西野1444



私を含め、県内在住の木工作家8名が参加します。
是非、お運びください。


 
COMMENT









Trackback URL
http://diary.sou-ja.com/trackback/144
TRACKBACK