木工房「創舎」の歳時記 
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
久々に家具の記事です

こんにちは。

 

最近、ブログも停滞気味でたまに更新しても雑貨ばかりで、今回は久々に家具屋らしい?内容です。

 

甲板は樹齢250年ほどの魚梁瀬杉。耳付きのままで仕上げることも考えましたが、虫喰い、割れの他、製材時の傷等も結構深く入っていたので、最大の大きさが取れるところまで耳は取り去ってしまいました。上面に両サイドの白太(辺材)部分全長にわたって残したかったので、向こうと手前の幅が異なるテーブルになりました。

 

W1800×D780(850)×H710

 

 

毎度のことながら、

 

仕上がったら「できた〜っ!」と、ひと安心。

そして納品して完了(お疲れさま〜)

 

という流れで、写真を撮り忘れることがしょっちゅうです。

 

今回も納品完了して「お疲れさま〜っ」と帰ろうとしていたのですが、車に積んでいたカメラを見て思い出し、撮影させていただきました。

 

「Web Site」の作品もこの数年全く更新してなくて、

もっと、写真もしっかりとってPRもせな。

 

と...いつものことながら反省しきりです。

 

本日の仕事
本日の成果物。
本当なら昨日から始まっている
「木工クラフト展」に出す予定でしたが、間に合わず。

「まあ次回、どこかの展示(販売)会に出せばいいか」

ちいさいスツール
次回(6/14,15)出店に向けて、いくつか小さいめの家具を作っております。
大きいものは雨が降ってると厄介だし、搬入には骨が折れるし、今回は初めての場所なのでスペースがあるかどうかも要確認になるので、家具はちいさいもの限定で少なめに。あとは雑貨。
 
子ども用スツール。

座面はΦ270mmで大人用と変わらず、高さを200mm少々に抑えています。
スツールとしてではなく、インテリアとして、観賞用植物の鉢を置いて眺めてもよし、頑丈に作ってるので踏み台にもなります。

脚は八角 オイル仕上げ

 
納品日和
タモで製作したダイニングテーブルです。


1400mm×800mm(h:700mm)

工房を開く前から漠然と「ダイニングテーブルを...」と頼まれていました。
その後クライアントはお宅を新築されました。古いダイニングテーブルを新居に持ち込み新しいテーブルが出来上がるのを気長にお待ちいただきました。

7,8ヶ月前に新居におじゃましてサイズの相談。図面引き、何度か相談・変更等しながら昨年のうちに仕上げる予定でしたが、こちらの勝手な都合に「全く急いでいません」と納期が遅れることを快く承諾もしていただき、

よい天気に恵まれて、ようやく本日納品です。
本当に気長に待っていただき、本当にありがとうございました。感謝!
(拝)

シンプルに、少しだけアクセントをつけて。


JUGEMテーマ:家具(ファニチャー) 


 
テーブルまもなく完成
明日から塗装します。
気温が低いと乾燥に時間がかかるので、晴れて気温が少しでも高ければいいのだけれど。

3日ぐらいで塗装を終えて、その後しばらく静置して完成となります。
納品は来週末になりますか...



JUGEMテーマ:ナチュラル雑貨・インテリア
お便り
先日、クライアントから写真が届きました。
以前(4年前になるかな)に新築の家に納品したケヤキの下駄箱です。

自分の作ったもののその後を確認できることはとてもありがたいことです。
納品した後には一度も会うことのない家具もたくさんあります。末永く使ってもらえることを念頭に製作をしていますが、その後がどうなっているかはいつも気になるところです。

こうして時々私の手元から旅立っていた家具たちの近況が知らされるとありがたい気持ちと安心がもたらされます。
感謝、感謝!

ありがとうございます。


ハイブリッドなスツール
今年最後の納品になる「ハイブリッドなスツール」

試作して工房においてあったスツールを見かけて、 「これと同じものが欲しい」ということで、「試作」を少し変更し改良。

座面はタモ、足は椎、脚の補強(兼意匠)の楔は楢。
高さ400mm、座面φ280mm、クルミオイル塗布。

無垢の手作りであるけれど、ハイブリッドにすることで金額を抑え、お手ごろ価格に。
異なる樹種を使うことに関しては異論もありますが、このスツールに関しては影響のない範囲です。


スタッキングスツール
製作中のスタッキングスツール、後は塗装(オイル)をするだけ。

5脚までスタックできますが、そうすると持ち運びがしにくいので、持ち運ぶには4脚まで。
どこか場所を決めてスッタクするなら5脚、その上に天地を逆にしてスッタクすれば、5+5=10脚スッタクできます。
約33cm四方のスペースに10脚が収まります。
33cm四方といえば、ちょうど0.1坪。ということは1坪のスペースに100脚収まるという計算です。

あれ!?
間違い!とんだ勘違い。
33cm四方ということは約0.1平方メートルなので、3.3平方メートル(1坪)には約300脚です!
こんな計算をしてもあまり意味はないですね。



材料はタモ。座面φ258mm 高さ440mm




JUGEMテーマ:ナチュラル雑貨・インテリア
修理&塗装
お客様から再生依頼でお預かりしていたのは髪結いが使用していたらしい道具箱。結構な年期モノです。

箱のあちこち(特に引き出し)に鬢付け油が固着。(汚れも一緒に)
内部も「短く切られた髪の毛」や「元結」などが鬢付け油が一体化して固着。
引き出しの前板(内側)は頻繁に手を掛けて引き出していたのかすり減ってしまっていました。



(before)

とにかく汚れや塗装(うるし)をはがしてしまわないことには始まりません。せっせとはがしました。
本体のゆがみ、材料の板の反りなどがひどく、一筋縄ではいきません(汗)
はがし終わって...
「構造は杉の8mm板を木釘で組み立。
本体に膠と思われるもので、和紙を貼り付け砥の粉を塗りその上に漆を載せて仕上げていた」
事が分かりました。

大変なことは事実ですが、古いモノを修理すると勉強になります。
「ありがたや〜、ありがたや!」と心で唱え?ながら作業を進めます。


限られた予算の中での修理です。引き出しも全部作り替えたいところでしたが、現状を最大限に生かし、再生。
かえって手間のかかる作業になってしまったのかも.....



(after)

塗装についてはもとの漆塗りにするのがいいのですが、これは断念。
ウレタン塗装でチャッチャと、「チャッチャ」といっても質感を出すために結構時間を掛けて中塗り、上塗りの回数を重ね仕上がりです。

本日納品して、終了です。



JUGEMテーマ:ナチュラル雑貨・インテリア
イスデス。Last
台風は今日未明土佐沖を通過。高知では大雨、高速道路の通行止めなどがありましたが、さほど大きな被害には至らず一息ついたことですが、台風が土佐沖を通過した頃、東北では震度4の地震が起き、津波警報も出ていた模様。その後を確認していないので何とも言えませんが、伊豆大島の土石流などの被害もまだ収束しておらず、心のざわざわがおさまりません。

さて、かねてから制作中の椅子2脚がオイル塗布も終わり仕上がりました。
結局、1脚(写真右)は座刳りを施し、もう1脚はフラットなままの座面に仕上げ、クライアントに座り心地を確認していただきました。



この椅子は12月に雑貨を扱うShopに展示予定です。
詳細は後日。

材料:タモ(無垢)
SIZE:W420、D430、H740(SH415)
塗装:ウォールナットオイル

JUGEMテーマ:ナチュラル雑貨・インテリア